人形工房の製作工程
お雛様製作

静岡県富士市にある、雛ふじ人形工房でのお雛様製作の様子をご紹介いたします。

生地選び
生地選び

西陣織・桐生織の金襴・帯地・着尺生地を使用します。
伝統装束の意味合いから余り逸脱しないように、色・絵柄・文様等を吟味し、生地を選びます。

張り込み・裁断

人形の寸法に合わせ、和紙・洋紙の型紙を裁断し、その型紙を
生地の裏側に袋張りに貼っていきます。(裏打ち)
糊が乾いてから、型紙通りに生地を裁断していきます。

張り込み・裁断

型紙に糊をつける。

張り込み・裁断

生地の裏側に型紙を貼る。

縫製

姫の十二単の唐衣・表着・五衣・単衣・裾、殿の着物・裾・中袖等、
数多くの装束の部分品を手縫い、ミシン縫いで、細やかな部分まで縫い合わせ、
折り込み、仕上げていきます。

縫製

殿の裾を縫い上げ、折り込む。

縫製
胴組み
胴組み

素胴に膝を作る

伝統の素材(藁胴)に、腕(木毛をまいたもの)と針金を通します。
次に膝を作り、円座の足をつけ、胴組みを完成します。

胴組み

木毛を巻いた腕の基礎

胴組み

足に襪(しとうず)をはかせる。

着付け

3で仕上げた装束の数多い部分品を着せていきます。

着付け

殿の着物

着付け

姫の着物

着付け

大切な所は昔ながらの接着剤「にかわ」を使用する。

着付け
かいなおり(振付け)

腕を曲げて、人形の形を決めます。匠の技が冴える一瞬。
人形全体の振付けでイメージが大きく決まる大切な作業です。

かいなおり(振付け)
かいなおり(振付け)
頭差し
頭差し

前後左右に頭が傾かないように、人形の役割に合った目線を大事に自然な姿に仕上げて完成です。

頭差し
頭差し

全体のバランスを確認する。