名匠 人形作家形

ひときわ高貴な面立ち。典雅な衣装、格調高いお道具。
名匠たちの伝統の技が冴えわたる秀逸の一品です。

清水久遊(しみずくゆう)

愛知県生まれ。19歳で人形司の家に嫁いだのをきっかけに、ひな人形づくり一筋の人生を歩んできた。女流作家ならではの感性と現代のモダンを融合させた清楚で華麗なひな人形を積極的に創り続け、繊細な色彩感覚と斬新なアイディアで業界のリーダー的存在となる。
1993年より東京高島屋において毎年、製作実演をおこなう。
今、最も注目を浴びている人形作家の一人です。

写真をクリックすると拡大します。

主に創業260年以上の歴史を持つ京都誉勘商店の
厳選された絹糸を使用した最高品質の織物。

平安王朝の女人に思いをはせ、女性ならではの色彩感覚で美しき十二単の色重ねを生み出します。
下重ねは、裏地を同じ幅だけ表に出した額縁仕立て。

正絹 韓紅花重ね

正絹 紅梅重ね

正絹 小町重ね

正絹 山吹重ね

やわらかな上質の生地の特製を生かし、しっとりとした女性らしいラインで平安十二単衣に近い仕立て方、着せ方を再現。裏打ちには「こうぞ」を使用。 耐久性を高め、型崩れを防ぎます。

小出松寿(こいでしょうじゅ)

母、小出愛に師事し、教えを受ける。昭和四十八年二世を継ぎ、松寿と名乗る。平成三年、大阪工芸展に於いて「近畿通商産業局長賞」を受賞。日本人形協会節句人形工芸士展に於いて「優秀賞」受賞、その他、数多くのコンクールで入賞。

人形司では初めてとなるデザイナーを起用。伝統的な手法の中に新しい感覚を取り入れ、今までにない付加価値のある作品を創り続けています。

望月龍翠(もちづきりゅうすい)

1964年静岡県静岡市に生まれる。
高校卒業後、老舗人形店にて雛人形製作を学び、のちに人形師である父 望月幸彦に師事し、人形製作にあたる。平成15年伝統工芸士の認定を受ける。
今後の節句人形業界を担う、若手実力派として注目を集めている。

三宅玄祥(みやけげんしょう)

十六歳で名人と言われた京人形司先代安藤桂甫に師事し、技術の研鑽を重ねた。継承されつづけた技法を守りつつ新しい色彩を取り入れた作風で京都人形界で代表する人形司として地位を築き上げる。

最高級素材をふんだんに使用し、京都の気品あふれる人形に仕立てます。やわらかい曲線を巧みに表現し、殿の姿勢は凜として品があります。